078-221-1358 お問い合わせ
会社情報
サービス紹介
ご案内
問い合せ

スタッフブログ

【半年ぶりのバンコク】

2018-09-10

皆さん、こんばんは。

大里雄一です。

気が付けば9月、当社も今月から下半期に突入です。

新入社員を迎えて、内定者も決まり新しいスタッフが増えてきました。

そんな中、先日半年ぶりにバンコクに行ってきました。

研修の目的での訪問でしたが、最終日は現地の観光を行いました。

今回は研修で知り合った方の好意で急遽オリジナルツアーを準備していただき、

バンをチャーターして、一緒に研修を受けていた経営者仲間3名とともに行くことになりました。

早朝ホテルに集合し、車に乗り込み目的地へ移動。

 

最初の訪問先はメークロン市場。

ここでは訪問先を知らされずガイドについていくと、

商店街の路地を通り抜けた先には、線路が敷かれた両脇にびっしりと並んでいる様々な店の数々。

その数と熱気に圧倒されました。

ガイドに言われるまま、指定された時間までには戻ってくるように指示され、

仲間とともに店が立ち並ぶ線路沿いをひたすら進み、駅がある場所まで到着。

道中には現地の人たちに紛れ、世界中から集まった多くの観光客がいました。

目立っていたのは、中国人と韓国人でした。

 

氷で冷やされた魚介類や肉、野菜、アイスクリームやら、

そうかと思えばその隣には服が広げられて販売されていたりと、

思い思いの商品が立ち並んでいました。

線路沿いの店を見ながら、元居た場所に戻ると指定された時間になると数々の店に並んでいた商品や軒に張り出していたテントが慌ただしく片付けられていました。

 

すると後ろを振り返ると、汽笛とともに列車がゆっくりとしたスピードで私たちに向かってきます。

 

現地の人に言われるまま、線路沿いに用意された椅子に座ると目の前10cmほどの距離を電車が通り過ぎていきます。

あまりの光景に笑ってしまいました。

 

我々のように、線路沿いから写真を撮る人、過ぎていく電車から外の写真を撮る人、

その不思議な光景を見ることができ、とても貴重な時間でした。

 

その後は車に乗って、エレファントビレッジへ。

以前にも象乗り体験をしたことがありましたが、

今回は前回よりも長い距離をしかも園内の特別なコースを象に乗って歩きました。

途中、川の中を象が進んでいくのですが、落ちそうになるくらい前のめりになったり、

後ろ向けに倒れそうになったりしましたが、こういった変化に富んだ演出で面白かったです。

象の村というくらい、スタッフの方たちがその園内に昔の建物のようなところにスタッフが住んでいるようでした。

 

象の村を後にし、水上マーケットへ。

 

こちらも初体験で写真でしか見なかった光景ですが、水上に家を構え川沿いに商品を並べて生活する人々の姿がありました。

中には私たちと同様に船の中に商品を積みながら販売する人たちもいました。

観光客の船を止め、商談を開始する強気な姿勢。それは彼らの提示する値段にも表れていました。

あまりにも吹っ掛けてくるので、途中から楽しくなってきました。

 

結局そこではビールと食べ物などを買う程度でしたが、私たちにとっては非日常の世界でした。

 

そこで生活を営む人々と触れ合うことができ、ここも貴重な体験でした。

 

今回の観光では、「生きるということ」と「生命力」を感じる旅となりました。

 

その土地でないといけない理由があると、観光客が集まってくる。

 

私たちの街もそういった特性を磨き、

魅せていくことで多くの方々に来ていただくことができるのでは。

 

そう感じた気づきの多い旅でした。

 

また、こういった旅をして多くのことを感じてみたいです。

ブログ一覧

神戸でのCAD図面作成、大型・大判カラー出力、大型・大判モノクロ出力、カラーコピー、モノクロコピー、
スキャニング、SEI(半導体)テンプレート、各種出力のことなら株式会社神戸設計ルームまで。

お気軽にご相談ください!!078-221-1358

営業時間:8:30~17:30(土・日・祝祭日・年末年始除く)お問い合わせフォーム

TOPへ