078-221-1358 お問い合わせ
会社情報
サービス紹介
ご案内
問い合せ

スタッフブログ

YouTuberから学ぶマーケティング活動

2020-07-10

タイトルなんやそれーな感じですが、

企業でのマーケティング活動についてYouTuber、また、ゲーム実況者から学べることがたくさんあると感じたので書いていきます。

どういうことか見ていきましょう。

※注 筆者は広報やマーケティングは勉強したてなのでこのブログにはご留意ください。

 

 

神戸設計ルーム 入社3年目 広報担当 池田としきです

企業にとってブランディングはとても大事ですよね。

YouTuberでもそれは同じです。

例えばゲーム実況者でいうと

チャンネル登録者0から始めて1万人目指そうとしたとき手っ取り早い方法は

今はやりのゲームを実況することです。

 

どうぶつの森とか、ラスアス2とか…

そのゲーム実況だけで登録者数はゲームの勢いと併せてどんどん伸びると思います(ある程度の面白さは必要)

しかし、そのゲームが衰退したらどうなるでしょうか?

いままでどうぶつの森だけでやってきたものだから視聴者からは「どうぶつの森の実況者」と思われているはずです。

つまり、どうぶつの森が忘れ去られると同時にそのYouTuberも忘れ去られてしまいます。

そうならないためには1つのゲームに固執せず、自分のキャラを作って、それを視聴者に認識されなければなりません。

例えば「声真似ができるゲーム実況者」みたいな、自分の能力がある限り、外部要因関係なくやっていける素の良さ、ということが大事になっていきます。

ここでいうキャラというのは企業のブランディングとほぼ同じです。

タバコオンリーのお店の例でいうと、喫煙者の割合が減れば減るほど経営は厳しくなりますが、

たばこもお菓子も生活用品も何でもそろっているコンビニは例えたばこの需要が無くなったとしても潰れませんよね。

何か一つに突出することは大事ですが、外部要因による衰退のリスクも視野に入れて活動することが大事ということが分かります。

 

 

 

 

ゲーム実況者が効率よく登録者数を伸ばすためにある一つの戦術として

やっている人は多いが実況者が少ないゲームを実況すること

例えばYoutubeでゲーム名を検索して実況している人が一人しかいなかったら、その人はとてもおいしいですよね。

その状況と似ているのが

ブルー・オーシャン戦略です。

競合他社と競合する「レッド・オーシャン」の市場で戦うのではなく

ブルー・オーシャン戦略とは、未開拓のユーザーに新たな価値を提供することで、新しい市場を創造し、利潤の最大化を実現するというものです。

また、同業他社のいる商品・サービスの種類でも

他社とは違うオリジナルの要素を盛り込むことで価格競争から遠のいたところで商売をすることができます。

以上、YouTuberから学ぶマーケティング活動でした。

 

 

 

 

ここからは余談でブログリレーの本来テーマである「好きなYouTuber」について少し書きます。

このブログの元ネタになった

けっつん

紹介しておいてなんですが、最近はあまり観なくなってしまいました…

おそらく彼のターゲットとしている視聴者の対象年齢を外れてしまったのかもしれません。かなり長くされている方なので。

 

途中で名前が変わったり(元々ド下ネタな名前)、

キャラが変わったり、

災害にあったりで色々あったかもしれないですが、

芯がしっかりあるので、視聴者とのエンゲージメント率が高そうなイメージがあります。

以上余談でした。

こんな感じで毎日ブログを更新していっていますので

また見に来てください。

結果を出せる展示会:http://www.kekkaodaseru-tenjikai.com/
facebook:https://www.facebook.com/kobesekkei/
YOUTUBE:https://www.youtube.com/channel/



ブログ一覧

神戸でのCAD図面作成、大型・大判カラー出力、大型・大判モノクロ出力、カラーコピー、モノクロコピー、
スキャニング、SEI(半導体)テンプレート、各種出力のことなら株式会社神戸設計ルームまで。

お気軽にご相談ください!!078-221-1358

営業時間:8:30~17:30(土・日・祝祭日・年末年始除く)お問い合わせフォーム

TOPへ